杏ちゃん 出産記録 その2 ✐ఽ

 

 

28日 1:30 子宮口 9~10cm

分娩台へ移動、足にカバー装着。

助産師さんも手術服に!

 

手足の震えが止まらなくなる (((∩°ω°∩)))

 

 

この頃はもうなんだか暑くて仕方なくて

「暑い、暑い」って言ってた気がする。

 

痛みの感覚もまだバラバラで

2分間隔できたり、5分間隔できたり‥

 

ただ、波が来たときは

いきみを逃すのに必死で (泣)

 

助産師さんが

「 ゆっくり深呼吸よ〜、痛み無くなってきたよ、大丈夫。 」って

声かけしてくれるから

ちょっと安心する。

 

「いきみ逃すだけじゃキツイから、

今度波が来たら フーッうん!

って力入れてみようか?」

 

って言われて、波が来た時に実践。

 

『もう我慢できない〜っ!!△@✺☆〜!!』

 

と、デスボイスのような

自分でも初めて聞く

すごい響くうめき声を出して、

 

気がついたら杏ちゃん誕生 (*゚O゚*)))!

 

 

f:id:knm310:20180501083935j:image

 

 

「わー!一発で出てきてくれたね!!おめでとうございます!!!」

 

助産師さんもびっくりしてた。

 

 

会陰も切らず、裂傷もないので

縫合もなし。

 

痛みに弱い 超ビビリなお母さんのために

上手に出てきてくれた杏ちゃん。

 

 

胎盤を出すときだけは、

助産師さん達がどうしても

鬼にしか見えなかったけど 笑

 

 

キリシタンの病院なので、

( わたしは キリシタンではありません。 )

生まれた後に、お祈りをしてくれました。

 

 

杏ちゃんや、桃ちゃんのこれからが

幸せなものになりますように

見守っていてください。って

 

とーっても素敵な言葉で

お祈りしてくれて感動して

うるうるしたのに、

意識朦朧だったので

今はもう、よく覚えていません。笑

 

杏ちゃんは お熱や

体重を測ったりするから‥と別室へ行き

わたしは隣の陣痛室で

2時間ほど子宮収縮の点滴を打ちながら

すこし 休憩 (*˘ ˘*)

 

後陣痛があったので、

ロキソニンを飲む。

 

2時間後 お部屋に移動

朝まで爆睡‥できずに

完全な産後ハイでした (*ノ´∀`*)ノ♡

 

 

桃ちゃんの時は 未知の痛みへの恐怖。

杏ちゃんの時は あの痛みをもう一度味わう恐怖。

 

どちらも、恐怖でしたが

今回は本当に自分でもびっくりする程

お産が楽 というか‥

 

楽ではないんだけれど

流れがわかるから、

前回より落ち着けたのかな〜、と。

 

 

そして、無事に元気に出てきてくれた

新しい家族の かわいい杏ちゃん。

 

さみしい思いを 今現在もしながら、

それでも 母と元気に過ごしてくれてる

お姉ちゃんになった桃。

 

わたしを、お母さんにさせてくれた

翌日早くからお仕事なのに ずーっと

連絡取り合ってくれた梨くん。

 

支えてくれた周りのすべてのみんなに

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

杏ちゃん、生まれてきてくれて

ありがとう。

あなたとの出会いに感謝です ❁*.゚

 

 

笑顔いっぱいの毎日を

家族みんなで過ごせますように (*´˘`*)